投資回収が終わったら収益物件を売却|買取のことなら不動産へ相談

ウーマン

マンションの管理内容

集合住宅

マンションは複数の人が居住するひとつの建物です。このため共有部分などは適切な管理が必要ですし、建物や設備の修繕にも共有しているため合意をもって行う必要があります。これらマンション管理は、所有者が行うことも可能ですが、専門知識が必要であり、マンション管理会社に委託するのが一般的です。

読んでみよう

空き部屋の有効利用

インテリア

長期出張などにより部屋を貸し出しするものが、リロケーションである。リロケーションを活用することで、空き部屋を有効活用でき、収益を上げることができる。リロケーションの利用では業者選択などが重要なポイントになる。

読んでみよう

手軽にできる不動産投資

説明

定期預金は0.2%程度の利子に対し、不動産投資では6%以上の利回りが期待できます。不動産投資の中でも、みんなで大家さんを利用することによって、1口100万円という少ない予算で投資が可能です。さらにみんなで大家さんには、業者が一括管理してくれるため、自分で管理する必要がありません。

読んでみよう

投資回収後の取り扱い

模型

収益後

収益物件の投資回収が終了したら、どのように物件を取り扱えば良いのでしょうか。不動産投資が完了した後の物件について知っておくといいでしょう。まずは、不動産業者に頼み、売却を検討するようにしましょう。不動産業者が買取をしてくれるのであれば、どのくらいの値段がつくのかを聞いてみてください。今後、不動産価値が下落していく傾向にあるのであれば、速やかに買取の手続きに進んだ方が良いでしょう。しかしながら、その逆で不動産価値が上がる見込みがある場合には、まだ保有しておいた方が良いのです。この判断は非常に難しいため、経験豊富な不動産業者の知恵を借りて算出してください。そうすれば、投資回収後の収益物件の取り扱いについて適切に判断できます。

業者

不動産業者は日頃から収益物件を扱っていますから、どんな物件か高く売れるのかを熟知しています。例えば、住宅街であれば家族が住めるマンションの需要があります。需要があれば高い価格で買い取りをしてくれますので、住宅街の収益物件としてはマンションが有利になります。このように、地域特性と買取価格が高くなる収益物件の間には関連性があります。不動産投資家としては、しっかりと地域特性を見極めることが重要なのです。そうすれば、年月が経ったとしても高い価格での買取を実現することができるのです。まずは、業者に連絡を取り合って収益物件の扱いを協議しましょう。その際には、懇切丁寧に対応をしてくれるかどうかを見極めることも大切です。