投資回収が終わったら収益物件を売却|買取のことなら不動産へ相談

男の人

空き部屋の有効利用

インテリア

マンションや一戸建て住宅を所有しており、一部の部屋が余っている場合や長期に部屋を空ける場合などに有効活用する方法としてリロケーションの活用がある。リロケーションは、転勤や長期の外出などにより部屋を空ける場合、その部屋を貸し出すというものである。長期出張などにより部屋を空ける場合に、ローンの支払いは発生しつつ、出張先でさらにアパートを借りて住むといったケースがある。このような場合、空いている部屋を一時的に貸し出すことで収益を生みつつ、部屋を空けることができる。その為、貸し出した部屋から家賃収入を得ることができ、ローン返済などに役立てることが可能になる。最近では不動産業者などでこれらの支援を提供する業者が増えている。

リロケーションの活用には、おさえておきたい点もある。まずは、部屋の貸出期間の設定に注意が必要ということがある。リロケーションを活用し入居者ができた場合、出張などが途中で終わり家に戻った場合でも、契約が続いている限りは家に戻れないケースがある。その為、どれだけの期間の貸し出しを行うかを予め明確にした上で貸し出しを行うことが重要となっている。また、業者の選定も重要となる。リロケーションの活用においては多くの場合、不動産業者を仲介して、入居者探しや手続きを進めることになる。これらの業者については、対応範囲の違いやサポートの違いなどがある。その為、利用する不動産業者のサポート内容を確認した上での利用が必要になる。