投資回収が終わったら収益物件を売却|買取のことなら不動産へ相談

男の人

マンションの管理内容

集合住宅

管理業務委託のメリット

賃貸マンションや分譲マンションを購入したさいに欠かせないのがマンション管理です。マンションは複数の人が居住する建物であり部屋である占有地のほか共有地があり、それらの管理を適切に行う必要があります。賃貸マンションの場合にはオーナーにその義務があるため管理費を徴収した上で、オーナーが適切に管理業務を行う必要がありますし分譲マンションでは管理組合が行うことになります。特に2001年以降はマンション管理適正化法が施行されたこともあり、管理を行う業者の適正化が行われたため、マンション管理を行う場合には管理会社に委託するのが一般的になっています。管理会社であれば、業務として管理を行ってくれるので個人が行うよりも確実で、かつ安心して管理を依頼することができます。

求められる管理

マンション管理の基本としては建物の清掃と設備の点検および検査、また建物や設備の問題を解消するための業務などがあります。また管理員のいるマンションであれば管理員の派遣も行ってくれますし、管理費の出納なども重要な仕事になります。一方でマンション管理会社では、これらの業務の一切を行う全部委託と、業務の一部だけを行う一部委託の2つがあります。全部委託の方が委託料が高くなりますが、一切を行ってくれるのでトータルとして見れば人件費が安くなる場合もあります。分譲マンションの場合には所有者からなる組合員の負担を減らすために全部委託が一般的です。賃貸マンションであれば清掃や建物設備の点検および検査だけを一部だけ委託するといったケースもあります。